Nakajima Orito

中島 織飛

2020年入社

コンファレンス事業部

Career

2020年コンファレンス事業部配属。主に予約窓口を担当。

仕事について

今の仕事はどんなことをしていますか?

当社直営の貸会議室「ステーションコンファレンス」で主に予約窓口を担当しています。電話やメールでのお問合せを正式予約まで繋いでいくのが主な仕事です。「予約を取る」というと受動的な仕事に捉えられがちですが、実際は会議室という商品を時間単位で売り出す、最大限利益を上げるためのアプローチが必要となります。“お客さまのご希望に応える”という大原則を守りつつ、より大規模な会場の提案や予約状況のコントロールといった積極的な姿勢が不可欠です。現在では多くのお客さまと接する中で学んだ多様なご利用パターンを提案し、お客さまにとって最善のご案内ができるようになったと思います。

この仕事の醍醐味は?

当社の経営指針の一つである「お客さま第一」を胸に、お客さまの歩調に合わせたご案内を行うことがこの仕事の醍醐味です。コンファレンスの運営は、入居テナントなど特定顧客とのコミュニケーションが多い運営管理業務と異なり、新規のお客さま、開業当初よりお付き合いがあるリピーターといったように客層が広いことが特徴です。そのためお客さまそれぞれのニーズをくみ取り、一つひとつの疑問と不安を解消するご案内、スムーズで柔軟なご案内、といったニーズに適した接客をすることが肝となります。

仕事で嬉しかったこと、印象に残っていることは何ですか?

エグゼクティブが参加する大規模な社内会合の運営を初めて担当された方からご相談いただき、成約まで繋げたことが印象に残っています。お問い合わせいただいた際、お客さまは不安や疑問を抱いておられる状態でしたので、まずはそれを解消することが「お客さま第一」であると考えました。そこで実際にご来館、内見をしていただき、細かな懸念やニーズを聞き出すことに全力を尽くし、その上でお客さまのご希望に沿ったご提案をした結果、成約に至りました。「あなたのおかげで会場利用に関する社内説明も上手くいったよ」――この言葉が最初に受けた電話の声と全く異なるトーンであったことが今も印象に残っています。

あなたが目指す「次」とは何ですか?

コンファレンス事業で培った「お客さま第一」の精神を、今後ビルの運営管理業務にも活かしていきたいです。私はコンファレンス事業部にて、社会人としての「いろは」を上司や先輩から徹底的にご指導いただきました。これは社会人として大切な要素で、ご指導くださった方々に大変感謝しています。今後はビルの運営管理において、コンファレンス事業部で培ったお客さまへの提案力を活かし、お客さま視点で関係者との信頼関係を築いていきたいと思います。

入社

入社の決め手は何でしたか?

私は趣味の散歩を通じて、まちづくりに携わることが夢となり、就職活動中「まち」とは何かを自分なりに定義しました。それは“人やもの、エネルギーの集う場所”なのではないかと考え、駅は「まち」の顔であり中心であることに気がつきました。その考えの中、当社はJR東日本グループである強みを活かし、都心主要駅直結のビルの運営管理を行っており、まさに自分が考えるまちづくりが出来ると思い入社を決めました。

社風・JEBLらしさとは?

社風とは、社員一人ひとりの雰囲気が作り出すものだと考えています。当社は礼儀正しさと責任感、そしてユーモアを兼ね備えている社員が多くいると感じています。礼儀正しさは決して重苦しいものではなく、社員同士でも思いやりと礼節を忘れない、とても居心地のよい環境です。安全・安心の提供に対する責任感は人一倍強いですが、コミュニケーションの中でユーモアも忘れず、明るく円滑に仕事を進められる人間関係があり、それが社風になっていると思います。

職場環境

知識を詰め込むだけでなく、自分と改めて向き合う本質的な研修が用意されています。

新入社員研修では単に社会人としての心得を学ぶだけでなく、講師の方が自分の個性を見つけて下さり、社会人として自分と深く向き合う最初の機会を与えてくれます。入社半年後にはフォローアップ研修があり、入社してから積み重ねてきたこと、自分と向き合い2年目を迎えるにあたり内省する重要な機会が提供されます。このように知識を詰め込むだけでなく、自分と改めて向き合う本質的な研修が当社では用意されています。

インタビュー内容・所属は2021年インタビュー時のものです。