企業情報

JEBLの歩み

事業領域拡大への挑戦

私たちの出発点、挑戦へのDNA

2005

傍流から始まった、挑戦の歴史

会社設立

JR東⽇本グループの不動産事業の歴史において、旅客鉄道からの送客を図りやすいショッピングセンターやホテルが主流とも⾔える存在で、オフィス事業はSCやホテルを展開するグループ各社の関連事業として分散していました。いわばオフィス事業は、JR東⽇本の関連事業の中でも傍流ともいえる存在でした。しかしグラントウキョウに代表される東京駅⼋重洲⼝の開発構想を契機として、オフィスを中⼼としたプロパティマネジメント(以下、PM)会社の必要性が叫ばれ、グループ各社のオフィス事業を分割吸収合併して当社が誕⽣しました。
傍流からの挑戦、これが当社の出発点です。

2007

複合ビルマネジメントへの第一歩

サピアタワー竣工

サピアタワーはオフィスとホテルの複合ビルです。オフィスビルのPMを目的として設立された当社にとって、24時間365日休まず稼働するホテルをテナントに持つビル全体の管理は初めての挑戦でした。以後、次々とJR東日本が開業させる大規模複合開発において、当社がビル一棟や街全体のPMを担う礎となったのです。
また同年5月には、サピアタワーの中に「東京ステーションコンファレンス(現在のステーションコンファレンス東京)」が開業します。当社直営の「にぎわい事業」の先鞭となる施設であり、「駅・街・人をつなぎ、新たな価値の創造をめざす」という企業理念の実現に向けての一歩を踏み出しました。

2007

真のオフィスPM会社への脱皮

グラントウキョウサウスタワー・ノースタワー 竣工

初めての本格的な新規テナントリーシングへの挑戦。仲介会社を挟まず、直接リーシングを行うことは、大手不動産デベロッパー系列のPM会社にはない当社ならではの事業スタイルです。

2008

デベロッパー事業へ

初の外部物件を取得

JR東日本の開発物件のPMとは別に、マーケットから成信恵比寿ビル(のちに恵比寿JEBL)を取得。当社自身による成長投資の第一歩を踏み出しました。

2011

にぎわい事業での新たな取組み

当社主催のイベント 第1回東京オトナ大学を 開催

サピアタワーのコンセプト「知的情報発信拠点」を実現するため、サピアタワーに入居している大学と共に「東京オトナ大学」を開催しました。

2016

10年越しの悲願だった、自社開発物件の誕生

JEBL秋葉原スクエア竣工

JR秋葉原駅周辺にJR東⽇本が所有していた⼟地を購⼊し、さらに周辺の建物を購⼊して⽤地を拡⼤し、より⼤きく整形なオフィスビルの開発に成功しました。種地の仕⼊れから約10年間の時を経て、悲願の⾃社 開発⼀号物件が開業し、不動産デベロッパーとしての⼤きな⼀歩を踏み出しました。

2016

本社移転

創業の地、八重洲から移転。新宿に本社機能を構えました。

2019

自己成長投資の加速、本格的なデベロッパー事業へ

マーケットからSOUTH GATE 新宿を取得

2018年にJR東日本が「変革2027」を発表。当社も中期計画で数百億円の自己成長投資計画を策定。その基幹投資案件としてSOUTH GATE 新宿を取得しました。

2020

プロパティマネジメントは、ビルから街全体へ

WATERS takeshiba開業

Waters takeshibaは複合⽤途を持つ本格的なまちづくりで、⽤途はオフィス・ホテル・商業施設・劇場まで多岐に渡ります。当社はオフィス部分のリーシングを⾏うことに加え、街全体のPMを担う存在となりました。特に劇場は当社が関わる初めてのエンターテイメント施設であり、混雑緩和や他施設との共存等、運営管理の⾯で当社に多くの挑戦の機会が与えられ、来る品川開発プロジェクトに向けた知⾒ももたらしてくれました。

2020

ワークスペース運営への挑戦

STATION SWITCH 横浜開業

当社初のBtoC事業、新しい働き方を提案するワーキングスペース「STATION SWITCH 横浜」が開業しました。

2021

不動産ファンドビジネスへの参入

JR東日本不動産投資顧問(株)設立

不動産アセットマネジメント事業の開始に向け、JR東日本とみずほフィナンシャルグループとともに設立しました。

2021

更地段階からのテナントリーシングにより、JR東日本をプロジェクト着工へと導く

KAWASAKI DELTA全体開業
複合開発ビルで初のカーボンニュートラル都市 ガス採用

都⼼に⽐べて賃貸オフィス市場が⼩さい川崎において、JR東⽇本グループ最⼤規模のオフィスビル開発には慎重論もありました。そのような環境下、当社は地道な企業訪問を重ねてニーズを持つ法⼈顧客を開拓しました。結果、開発構想は動き出し、ビル竣⼯時満室の状態で開業を迎えることができました。
カワサキデルタでは、ガスコージェネレーションシステムを導⼊しており、当社は使⽤するエネルギーとしてカーボンニュートラル都市ガスを採⽤し、Co2削減に資するサスティナブルなまちづくりを実現しました。