ESG

顧客や地域社会との関わり

当社では、ビルに⼊居するテナントから、ビルや街への来訪者や地域社会までを視野に⼊れ、安全・安⼼の先にある快適さや⼼の豊かさを届ける観 点で、ハード⾯とソフト⾯の双⽅からさまざまな取組みを⾏っています。

ビル/ハード面の取組み

予防保全にもとづく維持管理

ビルは時間の経過とともに、設備は古くなり劣化していきます。当社は安全・安心の先にある快適さを実現するため、ビル毎に長期修繕計画を立案し予防保全(壊れる前に直す)を基本として、ビルの修繕工事に取り組んでいます。

リニューアルや機能増強

ビルは時間の経過とともに、求められる機能も変化します。従ってビルの修繕を重ねるだけでは、外観が陳腐化したり、お客さまが求める機能水準を下回る場合も出てきます。当社では築年数やスペック、それぞれのビルの競争環境を踏まえ、外観や機能を維持・向上させる工事を実施しています。

共用部リニューアルの事例

定期的なバリューアップで、ビルの競争力を維持しています。メトロポリタンプラザビルにおいて、商業施設とのゾーニングを明確にするエントランスの全面改修や、快適なオフィス空間を提供する各階共用部のリフレッシュコーナー改修等を実施しました。

ビル/ソフト面の取組み

テナント満足向上の取組み

当社は、「経営指針」で「お客さま第⼀」を掲げ、社⻑を委員⻑とする「CS委員会」を本社に設置し、定期的にお客さまから寄せられるご意⾒等を集約することで、CS向上推進状況の把握や施策の評価等を⾏っています。

※CS:顧客満足

テナント向けWEBシステム

特に高性能な大型ビルのテナントにとって、ビルでの生活は手続きの連続です。例えば物品搬入やセキュリティーカード発行でも、ビル管理者(当社)への申請・承認プロセスが伴います。当社ではテナントの負荷軽減のため、独自に情報システムを開発し、手続きをオンラインで完結する仕組みを導入しています。 

パートナー会社等と連携したビル運営管理品質の向上

当社は、定期的にビル運営管理に関わるパートナー会社と連携した「品質向上会議」を開催し、当 社の運営管理⽅針の周知、ビルで発⽣した事故やお客さまからの声、改善へ向けた取組事例の 紹介を⾏うなど、パートナー会社と⼀体となったビル運営管理品質の向上を推進しています。

清掃インスペクション

オフィス空間の安全・安⼼の先にある快適さに⼤きく影響するのが、⾏き届いた清掃です。当社では定期的に、主要ビルを中⼼として、清掃会社と連携して清掃状況の調査・評価を⾏っています。結果はCS委員会でも報告し、全社的な清掃品質の向上に取り組んでいます。

にぎわいの創出・地域活性化の取組み

東京オトナ大学

当社は、2011年より始まった「東京オトナ⼤学」において、各分野の第⼀⼈者による講演や、サピアタ ワー⼊居⼤学による講義を開講することで、⼊居者や地域の皆さまと共に、⽇本の未来を考える取 組みを⾏っています。