ESG

安全・安心

当社は、「安全憲章」において基本的な考え方を定めるとともに、ビルのプロパティマネジメントという観点で、ハード面とソフト面の双方からさまざまな取組みを行っています。

ハード面の取組み

オフィスビルのBCP機能強化の取組み

当社は、テナントの期待水準が高い大規模ビルを中心として、地震等の災害発生時においても、テナントが一定水準で事業を継続できるよう、B CP(事業継続)に関するビルの機能を高める取り組みを行っています。

BCP 機能強化に関わる実施コンセプト

耐える

主要設備を含めた大規模地震にも耐えるビル強度の提供
【動線確保・主要設備の耐震性向上】

留まる

災害発生時、ビルに留まることができ、業務継続が可能な環境の提供
【滞留時のインフラ確保】

安心する

留まることに安心できるビル価値の提供
【お客さまへ適切な情報を提供】

ソフト面の取組み

安全パトロール(相互巡回)

当社は「安全憲章」にもとづき、安全への気づきのため、毎年安全パトロール(相互巡回)を実施しています。自身が運営を行うビルを他部門の社員に巡回してもらうことで、新たな気づきを得ています。また相互巡回に合わせて、過去の事故・故障事例や今後の取組みを学んだり、東京消防庁の防災館を訪問する等の勉強会も実施しています。

テナント等と連携した総合防災訓練

⽕災・災害の未然防⽌として、建物関係者・⼊居テナントが参加する総合防災訓練を実施しています。また、⼀部のターミナル駅直結のビルでは 警 察・消防とも連携したテロ対策の強化にも取り組んでいます。

JR品川イーストビル防災訓練

JR新宿ミライナタワー防災訓練

JEBL テロ対策マニュアル